選べる3つのご依頼方法

経済環境は厳しさを増しており、企業は経営強化のため、改めてコストを抑えることに目を向けています。弊社では誠実業務を基にすぐに実行できるコスト削減はもちろんのこと、中長期展望に基づいた質の高い最適なコスト削減の提案を致します。

選べる3つのご依頼方法
  • 白衣クリーニング
  • 白衣クリーニング

建物には、消火器や自動火災報知設備等の消防用設備等が設置されていますが、 これらは、平常時に使用することがないため、いざという時に確実に作動し機能を発揮するかどうかを日頃から確認しておくことが重要です。このため、消防法では、消防用設備等の定期的な点検と消防機関への報告を義務付けています。

  • 白衣クリーニング
  • 白衣クリーニング

防火対象物点検資格者・防災管理点検資格者に防火管理上必要な業務について点検させ、結果を消防長又は消防署長に報告する事が新たに義務づけられました。

建築基準法の改正に伴い建物の所有者様並びに管理者様は建築士又は特殊建築物調査資格者や建築設備の検査資格者よる検査・調査を受け特定行政庁に定期報告する義務が有ります。
(すべき定期報告を怠ったり虚偽の報告を行った場合は罰則の対象(百万円以下の罰金)となります)
弊社では建築設備検査資格者よる検査・調査を行い定期報告のサポートも行います。

信頼される優れた防災点検 ビル経営者様に安全と安心を!